結婚式の引き出物にはどんなものが選ばれるのか

結婚式に出席した人にとって披露宴で出される料理もさることながら帰り際に手渡される引き出物の中身も楽しみの一つになっています。

そのため、新郎新婦にとってゲストの期待に応えられるような素敵な引き出物を用意したいでしょう。しかし、引き出物に凝りすぎてかえってゲストの方には不評になる品物も多いです。ゲスト側にとってあまりもらっても困るものとして多いのが、新郎新婦の名前や写真が入った食器やマグカップなどの品物です。仲の良い友人であれば、オリジナリティのある品物として喜んでくれる場合もありますが、あまり普段プライベートで交流がない親族や仕事関係者の場合は、あまり歓迎されない引き出物です。

また、結婚式に出席する方の年齢や家族構成、新郎新婦との間柄などを考慮にいれたうえで品物を選ぶことも重要です。一人暮らしの方に大家族でないと使わないような大皿や紅茶セット一式などを贈っても使う機会がないうえに収納スペースの確保にも困ることがあります。旅行やテーマパークなどのチケットも外出が体力的に難しい高齢者の場合は、頂いても使うことができません。

引き出物を選ぶときは、相手の好みに応じて贈り分けするなどの配慮が必要です。最近の結婚式では、高いご祝儀を頂く可能性の高い親族や上司などの目上の方と友人や同僚などの同年代のゲストと品物を別に用意していることが多いです。年配者には、鰹節や赤飯などの縁起を担いだものを用意して、同年代にはおしゃれな食器やインテリア用品、お菓子などを選ぶなどの工夫をするのも一つの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *