結婚式の引き出物について知っておくこと

引き出物は、挙式披露宴に出席してくれた方たちへお礼と結婚祝いのお返しの意味をこめて渡す手土産品のことをいいます。

引き出物の風習の歴史は古く、もともとは貴族の宴で客人に馬を手土産品として馬小屋から引き出してきたことから名前の由来になっています。自宅で結婚式を執り行っていた時代では、宴会の料理の残りを折詰にして渡してきたこともあります。結婚式の引き出物は、基本的にご祝儀に対して10分の1程度の金額に相当するものを贈るのがマナーとされています。結婚式のご祝儀は、新郎新婦との関係性や年齢、立場に応じて金額は違います。

友人や同僚などの新郎新婦と同列の方の場合は、3万前後が平均相場になります。そのため、引き出物はだいたい3千円から5千円程度のものを用意するのが一般的です。上司や親族の場合はご祝儀が5万から10万程度になることもあるため、相手に応じて引き出物のランクを決めておくのがよいです。

結婚式は縁起を担ぐことが多いため、品物選びでもいくつか注意が必要です。鰹節や紅白饅頭などの古来からお祝い事で用意されているものや最近では自由に欲しい物を本人が選ぶことができるカタログギフトなどが人気です。実用性を重視して鍋やペアカップなどのキッチン用品や食器なども選ばれることが多いです。しかし、キッチン用品の場合は、ナイフや包丁などの「切れる」ものは「別れ」を連想させるとして好ましく思われないため避けた方がよいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *